1947~1949

curtiswright clipper

プロトタイプと比べて生産モデルでは、
生産性を高める為に前後のシェルの形状を同じにしたり、
居住性を高めるために、開閉可能な窓や天井のベントの数が変更されている

ウォーリーバイアムは、1947年にカーチスライト社から抜け、
自分の会社であるエアストリーム社を再度設立する。

カーチスライト社は1948年にトラベルトレーラーの販売から撤退する

生産はシルバーストリーク社(SliverStreak)が引き継ぐ事となる